増額申請で限度額が減ってしまった...

「アイフル」で限度額を増やすには、最低半年以上の利用を続け、返済に遅れる事なく、実績を積んでいれば、今の限度額を増やしてもらう事が出来ます。初回契約時は低めの限度額に設定されているので、増額してもらえれば、今以上に利便性が向上します。

 

ただ、増額して貰うには審査があります。審査に通らなければ増額は認められませんが、増額申請をしたために、今の限度額が下げられたり、利用が一時停止になったりする事もあるので注意が必要です。

 

増額申請に伴うリスクとは

「アイフル」は、他の消費者金融と比べて、増額しやすい事で知られています。「アイフル」のキャッシングは、高額貸付けを目的とした消費者金融ではないので、利用中に限度額に不足を感じ、限度額を増やして欲しいという方も多いようです。

 

「アイフル」の増額申請は簡単で、会員ページやフリーダイヤルへ電話をして、希望を伝えるだけで審査が受けられ状況であれば審査へと進みます。そこで注意が必要なのは、増額申請にはリスクがあるという事です。

 

増額申請で限度額が減らされる事が有る?

「アイフル」に限らず、増額審査と言うものは、現在の限度額が保証された上での手続きではありません。

 

たとえば、新たに別会社のローン契約をしたため、借入合計が年収の3分の1を越えている場合とか、勤務先を変わったために、今までの収入が減額になったというような事がある場合、増額審査の結果によっては、限度額が現在よりも下がる事もありますし、最悪カードが使えなくなるという事があります。

 

収入証明書類の提出で年収がわかる

増額審査を受ける時、収入証明書類の写しなどが必要になるので、事前に書類を用意しておきましょう。

 

もし、収入証明書類の提出で、今までの年収より少なくなっている場合は、増額申請は、今のところあきらめた方がよいかもしれません。収入が減った事で、今の限度額が減る事を考えた場合、状況がよくなるまで待ってから、増額申請する事をおすすめします。

 

増額以外で借入額を増やす

一時的にどうしても借入を増やしたい時は、あえてアイフルの増枠申請をする必要は無いかと思います。他社で一時的に必要金額だけの借入をして、使う必要がなくなればすみやかに解約するという方法もあります。

 

ただ、出来る事なら新たな借入より「アイフル」で増額して貰う事をおすすめします。