携帯の返済が滞っているが増額できるの?

キャッシングは、初めて契約した時に、審査によって限度額が決められています。この限度額は低めに設定されているので、限度額を増やしたいと思っている方も少なくなりません。限度額を増やす事を「限度額の増額」とも呼びます。

 

「アイフル」は比較的、増額に応じてもらいやすいと言われています。ただ、増額申請を擦るにあたって、あってはいけない事もあるので注意が必要です。たとえば、何の関係もないような携帯電話の支払いが滞っているようであれば、増額してもらうのは難しくなります。

 

携帯料金がカードローンに影響する

携帯電話料金の滞納がカードローンに影響すると考えている人は少ないです。ところが、携帯料金を滞納すると信用情報機関の個人信用情報に記載されます。料金を放置していると、悪い評価が重なっていき、最終的にカードローンへの影響も大きくなります。

 

ちなみに信用情報機関とは個人情報を取り扱っている機関のことで、CICやJICCといった機関があり、国内でも加盟数が多いことで有名です。銀行や消費者金融、信販会社などの金融業者は、すべてがと言ってよいほど、信用情報機関に加盟しています。

 

携帯料金以外に個人情報に記載される物として以下のようなローンも存在します。

  • クレジットカード利用料金
  • 分割払いで発生する支払い代金
  • 自動車、バイクなどのオートローン

などのローン契約を結んでいる場合、必ず「個人信用情報機関」に利用状況が登録されます。1度や2度の滞納では記載される事はありませんが、それが重なると記載されてしまい、増額申請や新規の借入、新しくローンを組む時に、悪い影響を与えます。

 

利用状況が悪いと最悪利用停止もある

「アイフル」はカードローン審査だけでなく、利用限度額の増額、も条件さえ揃っていれば積極的に行っています。増額審査を受ける時、今までの個人情報の利用状況が反映されるので注意が必要です。

 

例えば、利用限度額を30万円から50万円に増額申請を出したとします。しかし、個人情報の利用状況で滞納や延滞が記載されていると、申込者の信用度が下がり、50万円とはならず、逆に減額される事もあり、最悪、カードローン利用停止処分となることもあります。

 

増額申請を考えているのであれば、このような状況にならないよう、滞っている支払いはすべて完済してから申請する事がポイントです。